• HOME
  • ヴィヴィドレスとは
  • 商品を選ぶ
  • ご利用ガイド
  • ご利用料金
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
ヴィヴィドレスとは

クリーニング代0円!!

24時間ご注文OK!

お役立ち情報

結婚式用パーティードレスと可愛くコーディネートできる靴の選び方

結婚式 靴 選び方

「結婚式に着て行くパーティードレスは決まったけれど、なかなか靴が決まらない!」と、お悩みではありませんか?

結婚式には”結婚式独自のマナー”があり、いくらお気に入りの靴でも、履いていってOKとは限りません。

今記事では、結婚式のマナーをクリアして、なおかつパーティードレスと可愛くコーディネートできる靴の選び方について、解説したいと思います。

目次

結婚式に履いていってもOKで、可愛い靴はコレ!

まず、結論を述べますと、お呼ばれ結婚式に着て行くパーティードレスと合わせる靴は、パンプスを選ぶのが基本です。

あとで詳しく説明しますが、スニーカー、ブーツ、サンダル、ミュールなど、他の種類の靴は、基本的に結婚式にはふさわしくありません。

では、結婚式に履いていってOKな靴(つまりはパンプス)には、どんなものがあるのでしょう。写真付きで、ご紹介したいと思います!

1.どんなパーティードレスとも合わせやすい、ベーシックな黒パンプス

ベーシックな黒パンプス

どんなパーティードレスとも合わせやすく、”最初に買う1足”としてもオススメなのは、ベーシック(シンプル)な黒パンプスです。

写真のパンプスのようにコサージュがついていて、パンプスに付けたり外したりできるものであれば、パーティードレスのコーディネートをより華やかに仕上げることも、フォーマル感を大事にコーディネートを仕上げることも出来ます。

※ただ、パーティードレスが黒である場合は、パンプスは黒を選ばず、ベージュやシルバーなど、明るいイメージのある色を選んだほうが、色のバランスが取れます。

全身真っ黒のコーディネートにならないように気をつけましょう!

2.さりげなく可愛いイメージを演出する、バックリボンモチーフのパンプス

ベージュ パンプス

「可愛い靴を履いていきたいけど、ブリブリした印象になるのは避けたい!」と言う方は、靴の後ろに飾りがくるタイプのパンプスを選ぶのがオススメです。

写真のようなリボンモチーフは、つま先にあると、人によっては「年甲斐もなく可愛らしさをアピールしすぎ?」と感じてしまうかと思いますが、後ろについていると、しつこすぎない範囲で、さりげなく可愛らしさをアピールすることが出来ます。

上品かつ可愛らしくきめるなら、ベージュなどミルキー感のあるカラーの靴を選ぶと良いでしょう。

3.アニマル柄・カジュアル過ぎる柄でなければ、柄入りのパンプスもOK!

柄モノ パンプス

ヒョウ柄やパイソン柄のように、動物の殺生をイメージさせる柄や、目立ちすぎるドット柄などカジュアル過ぎる柄でなければ、全体的に柄(模様)の入ったデザインのパンプスを選んでもOKです。

写真のパンプスは、細かいギャザーが寄ったような凹凸模様があり、パーティードレスの高級感を引き立ててくれるようなデザインです。

また、ライトピンクというカラーは、ネイビーや黒など、暗めのコーディネートの差し色にオススメです。

結婚式用に選んではいけない、NG靴はコレ!

ここからは、いくら気に入っていても、お呼ばれ結婚式の披露宴や二次会に履いていってはいけない、NG靴の例を紹介します。

1.ぺたんこ靴はNG! カジュアルなイメージが強いため

ぺたんこ靴

ヒールのないぺたんこ靴は、カジュアルな印象が強く、パーティードレスと合わせてもチグハグな感じになってしまうので、結婚式用には選ばない方がいいです。

「歩きやすくて、普段からぺたんこ靴しか履かないのに!」という方でも、誰かの結婚式という特別な日くらいは、”ちょっと背伸び”して、ヒールのある靴を選びましょう。

ただし妊婦さんや、足をケガしている人の場合は、ローヒールでも問題視されないことがほとんどです。

2.ヒールが太すぎるパンプスはNG! 華やかな装いには合わないため

ヒール太い

さて、もちろん「ヒールがある靴なら、何でも結婚式に履いて行ってOK」という訳ではありません。

ヒールの太さについても、結婚式には向き・不向きがあり、基本的に太ヒールの靴は、お呼ばれ結婚式用に選ばない方が良いです。

『どこからが太いの?』と言われると、個人的な価値観もあるので一概にはお答えできないところではありますが、写真のように”ヒールが高く、それでいて太すぎる靴”は、ヒールの存在感が強すぎるので、まず結婚式用に選ぶのには適しません。

カジュアルな印象も強いですし、実際にパーティードレスと合わせてみると、ヒールが目立ち過ぎてあんまり似合わないことが感じられると思います。

ちなみに、ウエッジソールタイプのパンプスも、NGです!

3.ブーツはNG! そもそも私服に合わせる靴のため

ブーツ

「合う・合わない」というより、ブーツに関しては、ともかく結婚式にはマナー的にNGです。

基本的に、ブーツは冠婚葬祭のような機会に履くものではなく、私服に合わせて履くものだからです。

特に秋・冬は暖かみのあるブーツを履きたくなる季節ですが、結婚式にお呼ばれした時は、ブーツは選ばないようにしましょう。

ちなみに、ブーツの長さやヒールの高さには関係なく、ブーツはNGです。遠目に見るとパンプスに見えないこともないブーティも、避けた方がいいです。

4.サンダルやミュールはNG! 肌の露出が下品なイメージを与えるため

サンダル

どんなにキレイめなデザインでも、サンダルやミュールを結婚式に履いていくのはNGです。

結婚式のマナー的に、過度な露出は控えなくてはいけません。

特に、サンダルやミュールを履いて、足先やかかとが露出していると、何となく下品なイメージを与えてしまい、結婚式のフォーマルな雰囲気から浮いてしまいます。

「夏場は暑いし、サンダルやミュールを履いて涼しげにコーディネートしたい!」という気持ちもあるかもしれませんが、ここは我慢して、足先やかかとの隠れるパンプスを選ぶことにしましょう。

~その他の「こんな靴は結婚式にはNG!」という例~

  • アニマル柄(ヒョウ、ゼブラ、パイソン……)の靴 ※動物の殺生をイメージ
  • ファー素材の靴 ※動物の殺生をイメージ
  • コットン素材の靴 ※カジュアルよりの素材なのでパーティードレスに合わない
  • 麻素材の靴 ※カジュアルよりの素材なのでパーティードレスに合わない
  • オープントゥの靴 ※足先が出ているのは下品で、結婚式のマナー的に良くない
  • かかとが出ている靴 ※かかとが出ているのは下品で、結婚式のマナー的に良くない
  • 真っ白の靴 ※花嫁衣装の色と被ってしまう

結婚式に履いていくパンプスを選ぶ時のポイント

ここまでは、靴の写真を見ながら、お呼ばれ結婚式に履いていってもOKな靴、NGな靴の例を挙げてきましたが、結婚式に履いていくのに適した”パンプス”の中から選ぶとしても、実際はもっと幅広い選択肢の中から選ばなくてはいけないわけです。

ここでは結婚式に履いていくパンプスを選ぶ時のポイントを紹介します。

ヒールの高さは3cm以上のパンプスを選ぶ

この記事の中で使っている写真のパンプスは、全てヒールの高さが7cmあるのですが、歩きやすさを重視するなら5cmくらいのヒールの高さのパンプスでも良いと思います。

また、結婚式用のパーティードレスと合わせることを考慮すると、ドレス映えして足もキレイに見せるためには、最低でも3cmくらいのヒールの高さが必要です。

若い方の中には、「10cmくらいのヒールでも全然平気!」という方も多くいらっしゃるかもしれませんが、無理して高いヒールを履いて、結婚式の会場で”グキッ!”と足をひねってケガしてしまわないようにだけ、注意しましょう。

特に親族として参加する場合は、履き口の深いパンプスを選ぶ

パンプスには、”履き口が浅い・深い”という差があります。

※ジーンズと同じような感じです。ローライズデニムのような、浅く履くジーンズもあれば、しっかり深く履けるジーンズもありますよね。

パンプス 浅い

写真のパンプスは結構、履き口が浅いですね。

この程度なら、お呼ばれ結婚式の披露宴や二次会に履いて行っても全く問題はないのですが、パンプスの中には指の股がちょっと見えるくらい浅めに作られたパンプスもあります。

パンプスから指の股がのぞいていると、セクシーには見えるのですが、やはりフォーマルな場にはふさわしくありません

新婦・新郎の親族として参列するため、結婚式のマナーを特に意識する必要がある方は、つま先もかかとも、しっかりと深めに覆われているパンプスを選ぶのが良いでしょう。

ViviDressがオススメする、靴とパーティードレスのコーディネート例

パーティードレスのネットレンタル専門店「ViviDress」のサイト内では、パーティードレスをパンプスや羽織物などと合わせてトータルコーディネートした画像を使っています。

その画像から、ViviDressがオススメする、靴とパーティードレスのコーディネート例をいくつかご紹介します。

  • ボルドーのドレス×黒のパンプス
  • ボルドーのドレス×シルバーのパンプス
  • ウエストリボンのドレス×リボン飾り付きパンプス
  • スカイブルーのドレス×ベージュのパンプス

「ボルドーのドレス×黒のパンプス」のコーディネートでクラシカルなイメージに

ボルドー 黒

ボルドーのパーティードレスに、黒のパンプスを合わせると、ボルドーならではのクラシカルなイメージが引き立ちます。

オトナ可愛く、上品なコーディネートをしたい方にオススメです。

「ボルドーのドレス×シルバーのパンプス」で高級感を残した明るいイメージに

ドレスとパンプス2

パーティードレス自体は、先程紹介した黒のパンプスに合わせている物と同じボルドーのドレスです。

しかし、履物の色を変えるだけでも結構印象が変わります。(羽織物の影響も、もちろんありますが……)

この写真では、ボルドーのドレスにシルバーのパンプスを合わせたことで、明るさがプラスされました。

シルバーならではのキラキラ感は、高級感も感じさせるので、結婚式のような華やかな会場でも見劣りしません。

「ウエストリボンのドレス×リボン飾り付きパンプス」で統一感のあるガーリーコーデに

リボンモチーフ

ウエストリボンの可愛らしいパーティードレスに、リボンモチーフのパンプスを合わせることで、コーデ全体に統一感がうまれ、より可愛らしい雰囲気がアップします。

特に、10代~20代前半の若い方にオススメのコーディネート方法です。

写真のようなガーリー感の強いライトピンクのパーティードレスに、引き締めとして黒のパンプスを取り入れたいという方もいらっしゃるかと思いますが、モノによってはロリータっぽくクドいコーデになってしまうことがあるので注意しましょう。

「スカイブルーのドレス×ベージュのパンプス」で清潔感のあるコーディネートに

スカイブルー ドレス

スカイブルーのパーティードレスは、もともと清潔でお上品なイメージがありますが、それに合わせる靴や羽織物に明るいベージュをもってくると、より爽やかなコーディネートになります。

身だしなみの良さと華やかさの両方が求められる、結婚式の受付担当にもオススメできるコーデです。

結婚式に履いていける可愛い靴を購入できるブランド3選

結婚式に履いていける、可愛い靴を取り扱うアパレルブランドはたくさんありますが、特に次の3ブランドがオススメできます。

  • ダイアナ ※きちんと感があるパンプスが多い
  • POOL SIDE(プールサイド) ※かわいい系のパンプスが多い
  • セブン・トゥエルヴ・サーティー ※大人っぽいデザインのパンプスが多い

通信販売でも購入できますが、靴は特に履いてみないと分からない部分が多く、きちんとサイズがあった物でないと、靴ずれして痛い思いをしたり、スポスポかかとが抜けて歩きづらくなってしまいます。

大手百貨店のフォーマルコーナーやセレクトショップなどに探しにいくと、様々なブランドの中から選べて手っとり早いのかなと思います。予算は15,000円前後で考えておくと良いでしょう。

「ヒールの靴ずれが苦手!」な方へのアドバイス

「結婚式にはヒール靴でないといけない事は分かったけど、ふだん全くヒールを履かないから、ちゃんと履いて歩けるか不安……。すぐに靴ずれしてしまいそう」という方も多いでしょう。

そこでここでは、ヒール靴に苦手意識を持っている方に、ヒール靴を無理なく履くための2つのアドバイスをしたいと思います。

1.靴の中にインソールを入れる

靴下屋さんなどで売っている、インソールを靴の中に入れることで、ヒールでも歩きやすくなります

また、靴の中で足がずれにくくなるため、靴ずれもできにくくなります。

2.靴ずれができやすい場所に絆創膏を貼るなど工夫をする

「靴ずれしやすい!」という方は、ヒールを履いて結婚式の会場に出かける前に、あらかじめ手を打っておくと良いです。

例えば、かかとなどの靴ずれが起きやすい場所に、前もって絆創膏を貼り、靴が直接当たらないようにカバーをするのが靴ずれ防止に有効です。

その他、かかとと靴の接触点にせっけんを擦りこむ、ワセリンを塗る、ベビーパウダーをはたく……等の裏ワザがあるようです。

ご参考までに靴ずれ防止パッド通販はこちらAmazon.co.jp:通販-靴ずれ防止パッド-インソール

3.結婚式の会場で、靴の履き換えをする

外反母趾で、ヒールでは長距離歩けないという方も多いでしょう。

結婚式の会場に着くまでにたくさん歩かなくてはならない場合や、雨の日は、結婚式の会場に着いてから、ヒール靴に履き換えをするのも手です。

結婚式の会場にはクロークが備わっていることも多いので、脱いだ靴を入れておけますし、更衣室がある結婚式会場もあります。

更衣室で履き換えるか、トイレなど人目につかないところでサッと履き換えるかすると良いでしょう。

会場のロビーで堂々と履き換えるのは、はしたないのでヤメましょう!

とっておきの靴を選んで、”試し履き”をしてから結婚式に出かけましょう!

結婚式

いかがでしたか?

結婚式のパーティードレスに合わせる靴は、おろしたてでいきなり履くのではなく、ちょっとその辺を歩き回る”試し履き”をしてからの方が、靴に足が馴染んで歩きやすくなります。

(もちろん、せっかく買った靴を履きつぶすほど歩いてはいけませんが……)

パーティードレスの印象を変えることもある靴だからこそ、こだわって選びたいですね!

vividress ロゴ

靴とコーディネートするパーティードレスのネットレンタルなら、ドレスレンタルの「ViviDress」まで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加